Handling Products eyeglass lens

 

 

 

ZEISS_Brand_RGB+space.jpg

あなたと同じ人がいないのと同じように、

ZEISS遠近両用レンズは、あなたのためだけに特別につくられます。

Official Site

最高のモノをつくるには、すべてを機械任せにはせず人の目と手により

カタチにしていくことが大切です。

日本で生まれ、育ち、世界に認められたニコン製品。

これからも「心」を込めて、お客さまに満足いただける

高い良品づくりに力を注ぎ続けます。

Official Site

国内眼鏡レンズ専門メーカーNo.1のTOKAIは、

『見る』というメガネレンズの基本性能の向上はもちろん、周囲から美しく『見られる』ことを意識したファッション性、誰もがどんな時も『より良く見える』ための多彩な機能を次々に開発。
そんな独自のモノづくりを続けるTOKAIの成長のヒミツを5つのキーワードでご紹介します。 

Official Site

 

HOYAは、1967年に日本で初めて※境目のない遠近両用メガネレンズを発売して40余年、常に「見やすさ」を追求してまいりました。2003年より世界初※両面複合累進設計[BOOM]の開発により、さらに快適なメガネレンズの提供を行っています。2013年あなただけの「Only One レンズ」を発表、[BOOM]は【BOOM individual】に進化します。

Official Site

世界最大級の写真用品メーカーkodak。
kodak Lensの提案する眼鏡レンズは、

「kodakのビジュアル光学技術を最も活かせるレンズ」を

テーマに

技術開発からスタートを切りました。

Official Site

眼鏡レンズのコーティングを国内で初めて実用化したのは私たちでした。以来、プラスチック眼鏡レンズの表 面硬度向上(ハードコート)、反射防止(ハードマルチ)、耐衝撃性向上(プライマコート)、撥水加工、汚れ防止、紫外線カット、赤外線減光処理など世界最 先端のコーティング技術の開発によって、常に業界をリードしてきました。伊藤光学グループの中核をなす眼鏡レンズ部は、コーティングという技術を通して、レンズにさまざまな機能を与えます。Official Site

極めた職人だけができる「匠の技」でミクロンを制す。

30ミクロンという繊細な偏光フィルムは、機械で

セッティングすることが不可能なため、
一枚一枚手作業で行っています。世界の最先端の技術を誇る、
日本の液晶テレビを応用した偏光フィルムを取扱い、
一枚一枚精度を確認しながらポラウィングを作り上げています。

Official Site

40年以上前にCR-39とポリカーボネートが開発されて以来、素材面において飛躍的な進歩を見せなかったプラスチックレンズ。そうした中で、ポリカーボネート、アクリルを超える軽量さ、耐衝撃性、耐久性を持つ次世代のマテリアルとして登場したのがNXTです。
NXTポリマーは、米陸軍による超軽量防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材であり、開発を委託されたSIMULA Incは、陸軍との契約が終了した後に高性能レンズの大手=インテルカスト・ヨーロッパ社と新たに提携。「歪みや劣化の少ないハイクオリティな光学特性」 「丈夫でありながら非常に優れた軽量性」という特質を最大限に活かしたサングラスおよびシールド用素材の開発に成功したインテルカスト・ヨーロッパ社は、 現在ではNXTの製造権を有する世界で唯一の企業なのです。

Official Site

眼鏡レンズが完成するまでのVIDEO

眼鏡レンズが完成するまでのVIDEO